2012年07月26日

GGXXAC+R梅喧の予習について

●はじめに

GGXXACの家庭用配信〜GGXXAC+R稼働と、家庭用とアーケードでバージョンの過渡期に入ります。(家庭用はおそらくGGXXACの為)

梅喧についても、キャラの性能が大幅に変わっているため、
「今練習したことが無駄になると思うと練習しづらい」
「GGXXAC+Rが稼働してからでいいや」
と考えてる方も居るかと思います。

実際稼働してみると、対戦が流行ってて練習できないこともあるかと思いますし、なかなかゲーセンに行けなくて、行けた頃には周りに差をつけられたりということがあると思います。

GGXXのゲーム性をつかむ為にも、+Rが出るまでやらないのではなく、GGXXACを先にプレイしておくことがオススメです。

今回は梅喧について、GGXXACで重要で、かつGGXXAC+Rでも使えるテクニックやポイントを紹介します。

●低空妖斬扇(☆☆☆☆☆)

GGXXシリーズでも最速レベルの中段で、
RCすることで補正無しの大ダメージコンボを狙える重要な技。

立ちP、近Sから出せるようになると良いですが、最初は単発じゃなくてよいので
立ちP立ちP、または立ちP近Sで練習しましょう。

例)
立ちP
↓(ガードさせたら斜め上入れっぱなしに)
立ちP(斜め上入れっぱ)
↓(立ちPの硬直が終わったころに623S)
妖斬扇発生

●ガードキャンセル(☆☆☆☆☆)

ガード中に412+ボタン
よく仕込みガーキャンとか聞きますが
ガードしてるときに普通に出せるようになればOKです。

入力速度は後々狙いどころが分かってくれば自然と早くなります。

●詐欺飛び(☆☆☆☆)

足払いやJDでダウンをとった後に、
リバーサル攻撃をガードできるように空中攻撃を出すテクニック。

相手がリバーサル攻撃を出せばリバーサル攻撃をガード、相手がリバーサル攻撃を出さなければこちらの空中攻撃をガードさせて攻めを継続できる。

●キレ畳(☆☆)

空中ダッシュの直後に畳替しを出す事で、通常の空中ダッシュ畳替しよりも短い距離で畳の判定を出すテクニック。

入力は2369N6+Kです。

自分はキレ畳は出せませんが、必須のテクニックではないと思います。

自分の場合は9N6236Kで入力してます。



次回作に向けて練習してみてはいかがでしょうか。
追記や変更があればまたこちらにまとめていきます。
posted by 六合 at 07:39| Comment(0) | AC梅喧 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。